静岡県働くものの安全と健康を守るセンター
画像:相談イメージ
静岡県働くものの安全と健康を守るセンターは、静岡県内の働く人たちとその家族が、自分たちのいのちと健康を守り、人間らしく働く(ディーセントワーク)ことができる職場を作り出していくための組織として1992年10月24日に設立されました。
【労働相談】
働く人々の健康と命を守るために、あるいは生じてしまった仕事が原因の事故や病気に対する補償を労働者が十分に受けられるよう、労働災害や職場の問題について無料で電話や面談による相談に応じています。労働関係に関する様々なご相談に応じますので、お気軽にご相談ください。

お悩み?

画像:カテゴリー1

仕事中に怪我を負ったり、仕事が原因とみられる病気が発症したけれど、どのようにして補償を受ければよいのかわからない、労災申請をしたけれど労災認定されなかった、などで悩んでいませんか?

労災制度・基準

画像:カテゴリー2

労働災害補償制度の枠組みや労働災害認定基準についての説明です。

よくあるご質問

画像:カテゴリー3

労災関連で問題になる事項など、よくあるご質問のいくつかを掲載しています。
個別の質問にも応じますので、お気軽にご連絡ください。

過去の事例

画像:カテゴリー4

過去の事例をご紹介します。
事例ごとの問題解決の参考としてご覧ください。
※似ている事例でも、同じ結果になるとは限りませんのでご注意ください。

アクセス

画像:地図

JR静岡駅南口より石田街道を南へ約500m。静岡県評事務所内にあります。
より詳細な地図をご覧になりたい方はこちら

管理画面へ

当センターのご紹介

目的
静岡県下の働くものの安全と健康を守ることを目的とする(申し合わせ第2項)
総会
総会は年1回開催し、事業計画、理事、予算を決定する。(同第3項)
組織
理事は理事会を構成し、役員として所長、理事長、副理事長、事務局長、事務局次長を選出する(同第4項)
財政
会費、その他でまかなう。会費は一口500円とする(同第6項)
事業
(・・以下設立時申し合わせから抜粋)
  1. 働くものの労働安全衛生活動を推進する。
  2. 労働環境の改善に必要な調査、研究活動に取り組む
  3. 過労死など労働災害、職業病などの認定、補償の取り組みの支援および交流を行う。

役員の紹介

所長
長谷川 吉則   (三島共立病院医師)
理事長
林   克     (県評議長)
副理事長
阿部 浩基    (静岡合同法律事務所 弁護士)
萩原 繁之    (みどり合同法律事務所 弁護士)
渡辺 昭     (渡辺昭法律事務所弁護士)
事務局長
相曽 茂     (静岡安健センター)
名前 静岡県働くものの安全と健康を守るセンター
所在地 〒422-8062
静岡県静岡市駿河区稲川2丁目2番1号
コハラサウスサイド7F 静岡県評内
TEL 054-287-1293
FAX 054-286-7973
e-mail ankenshizu@moon.wbs.ne.jp※メールソフトが開きます。
問い合せ 問い合わせフォーム※ご質問・相談は、こちらから
受付時間 10時~16時
定休日 土曜日、日曜日、祝祭日
アクセス JR静岡駅南口より石田街道を南へ約500m※地図を表示。
inserted by FC2 system inserted by FC2 system